記事一覧

海外町での認知症サポーター養成講座

令和2年1月19日(日)

海外区からの依頼で、海外会館で認知症サポーター養成講座をおこないました。

参加者は14名。

講座の後は、認知症予防のための運動として、コグニサイズに取り組みました。
ファイル 3852-1.jpg
ファイル 3852-2.jpg

令和2年1月のサロン報告

ファイル 3847-2.jpgファイル 3847-3.jpg

令和2年1月のサロンでは、正月らしく福笑いをしたり、鏡餅の絵に点数をつけ、お手玉やおはじきを投げたり、ボウリングや輪投げで点数を競うゲームなど人数の多いサロンではグループに分かれて行いました。点数は自己管理で頭の体操をしてもらいました。参加された方から「今日は楽しかったわ!」と声がありました。
今年も地域の皆様と一緒にサロン活動、頑張っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。
     地域包括支援センターおまかせ 職員一同

「認知症予防・講話と体操」を実施しました。

ファイル 3827-1.jpgファイル 3827-2.jpgファイル 3827-3.jpg

令和元年12月12日14:00~15:30「認知症予防・講話と体操」勤労市民センターにて実施しました。講師はどんどん!デイサービスセンター所長 山田泰之氏にお願いしました。認知症の気づきチェックを実施したり、筋力アップ体操を行いました。参加者は35名でした。皆さん、自分が認知症にならないように予防していきたいと一生懸命体操に取り組んでいました。

2019.10.31 東岡区役員会において

ファイル 3802-1.jpg
10月31日夜、勤労市民センター3Fにおいて開催された東岡区の役員会の時間をいただき、「地域包括ケア推進のための地域診断書~東岡区の場合~」について説明いたしました。
説明後、一緒に地域診断などの活動を進めてきた西野佐賀子区長からは「住民で回覧しよく読んでもらいたい。組長などに集まってもらい、座談会を開きたいと考えている。」などのご意見をいただきました。
同じく米田ふさ子民生委員は「活動に参加することが楽しかった。この活動を通して新たにスタートしたお茶会では、いろいろなアイディアが出てくる。住民有志の持つ力を活用して、まちづくりの取り組みを進めていきたい。」とお話しされました。
他にも、参加された方は「道や密集した家屋について改めて知ることができた。」などと話されていました。

東岡区役員の皆様、貴重なお時間をいただきありがとうございました。
東岡区の皆様におかれましては、地域診断書が回覧されますので、ぜひご一読いただけると幸いです。

キャラバンメイト連絡会開催しました!

ファイル 3725-1.jpgファイル 3725-2.jpg

7月23日(火)14:00~15:00令和元年度第1回キャラバンメイト連絡会開催しました。13名のメイトさんが参加しました。今後の活動についてや認知症施策推進大網の共有確認を行いました。グループワークを通してもっと連携を強化し地域住民とともに活動の場を広げていきたいとの意見交換ができました。

ページ移動