記事一覧

県民児協だよりに未病サロンが紹介されました

ファイル 3920-1.png

神奈川県民生委員児童委員協議会で発行されている「県民児協だより」の第142号に、未病サロンの取り組みが紹介されました。
三浦市の民生委員の大森美城雄さんが通信員として作成してくださった記事です。
大変わかりやすくまとめてくださいましたので、県民児協の許可を得てブログに転記させていただきました。

三浦市での地域の取組み④ いまできること

なかよし会の取り組み

 初声地区の、三崎口駅からほど近い地区にある1軒のお宅で毎月開かれているサロン、それがなかよし会です。
社協の介護予防インストラクター養成講座を受講した深瀬カネさんが、自宅の居間を開放して始めたサロンです。
毎月月2回、近所の仲間が集ってきて、介護予防の体操や脳トレをしたり、未病センターの出張計測をうけたりしています。皆さんの一番の楽しみは毎回のお茶会です。


現在の状況を深瀬カネさんに伺いました。

自宅で集まってのサロンは、新型コロナウイルスの影響で中止しました。
今できることとして、
・各自でウォーキングをしています。家の庭の手入れをしていると、ウォーキングをしている仲間が道路から声をかけていってくれます。
・私が始めたマスクづくりは、仲間からも好評で、作り方を教えてほしいと、一人づつ交代で家により、作り方を伝えたりしました。


サロンが始められそうな状況になったら、感染対策のために、庭先で体操をするのもいいかな、と考えています。


***

なかよし会のみなさんが道から声を掛け合う様子が目に浮かびます。
なかよし会の日頃の様子を写真で紹介します。
平成30年9月4日のいつものサロンです。
ファイル 3905-1.jpg
みなさんでお茶会の準備です。
ファイル 3905-2.jpg

三浦市での地域の取組み③ いまできること

尾上町シニアクラブの取り組み

尾上町シニアクラブは尾上町にある老人会です。
区のコミュニティホールで毎週月曜日に市の元気アップ教室を開催し、月に1度は元気アップ教室終了後に誕生祝いの会や季節ごとの行事をおこなっています。行事では、地域の高齢者が集め、役員が工夫をこらした企画を催し、ミニデイサービスというくらいとてもにぎやかです。
そのほかにも、カラオケの会や健康麻雀、シニアのソフトボールがあります。

現在の状況を柏高実会長に伺いました。

日頃の活動は、新型コロナウイルスの影響ですべて中止しています。
今できることとして、
シニアクラブとして、区内にある6班の班長から、会員32名に印刷物を配布しています。
会長が作成した高齢者向けにわかり易く感染予防の取組みを解説したチラシや、市の配布物、社協からの体操のチラシなどです。
安否確認をすると、皆さん元気に過ごされているようです。

***
いつもの充実した活動が尾上町シニアクラブの皆さんの元気につながっていると思います。
令和元年度の会報を頂きましたので、掲載します。
ファイル 3903-1.png
ファイル 3903-2.png

三浦市での地域の取組み② いまできること

赤羽根地区 永寿会の取り組み

永寿会は赤羽根地区にある老人会です。三浦市老人クラブ連合会の会長が運営しています。
永寿会では、定期的にサロンで体操をしたり、お茶会をしたりしています。

現在の状況を熊谷末男会長に伺いました。

新型コロナウイルスの影響で、老人センターが休館になったり、地区の会館の利用についても自粛が求められていて、老人会の活動はお休みしているとのことです。

今できる活動として、
・会員が各々、ウォーキングをしたり、公園でラジオ体操をしたり…。
・散歩中には、お互いに窓越しに手を振り合ったり…。
・5月の初めには、会長が体操のチラシをコピーして会員に配布しながら安否確認をしたそうです。
会員のみなさんは元気そうだったとのこと。

以前のように、手作りのおかずを持ち寄ったお茶会が再開できますように。


*写真は昨年の永寿会の様子です。
令和元年7月8日に初声中学校の生徒と交流をしました。
ファイル 3900-1.png

三浦市での地域の取組み① いまできること

日の出長寿会の取り組み

三崎下町の日の出地区にある老人会が日の出長寿会です。
日頃から活動が活発で、週毎にサロンなどの集まりがあります。
第1週は、体操のサロン、第2週は、喫茶店でのおしゃべり会、第3週はコーラス、第4週は、友愛チームのお茶会です。

現在はどんな状況なのか、日の出長寿会会長の川﨑節子さんにお話を伺いました。

新型コロナウイルスの影響で、現在はどの活動もお休みしているとのことですが、
今できる活動として、
・会員では、運動を意識して、スーパーへ行った帰りは歩いて帰ってくる人もいます。
・井戸端会議はできないけれど、ごみ捨てで会ったときに、距離をとって声を掛け合ったりしています。
・個人的に、市で配布している次亜塩素酸水をペットボトルに入れて、数軒づつ、安否確認しながら配って回ったりしています。
・今後は、包括支援センターのおまかせ体操のチラシを、会員に配布する予定です。

感染予防のため、家にこもっている人が多いので、早く収束して、体操のサロンなど活動を再開したい!とお話されていました。

*写真は日頃の日の出長寿会の様子です。
平成30年4月19日の友愛チームのお茶会です。
ファイル 3899-1.jpg

ページ移動