記事一覧

はすもと一郎三浦市議会議員 ねつ造を認め陳謝

ファイル 3828-1.png

当法人が法令に基づいて適正に財務規律を強化してきたにも関わらず、根拠もなく不明朗な会計をしているなどとねつ造記事を自身のホームページなどに掲載してきた蓮本一郎議員が「虚偽をねつ造し、事実を捻じ曲げて批判」してきたことを認め、三浦市議会本会議で陳謝したそうです。
これで当法人の棄損された名誉が即時に回復するわけではありませんが、こうした事実認定がはじめの一歩となることに変わりありません。
蓮本一郎議員には、猛省を促すとともに当法人の名誉回復に向けて、残りの任期中にあらゆる手立てを講じるよう求めていきたいと考えています。
本会議で陳謝させられるなど政治家にとってこれ以上、不名誉なことはないのでしょうが、そんなことで当法人の名誉が回復するわけではないことを蓮本一郎議員は肝に銘じなければなりません。
当法人では、いずれことの顛末を報告書にまとめ、広く市民の皆様に周知する考えです。

タウンニュースに記事が掲載されました

ファイル 3820-1.png
ファイル 3820-2.png

2019.11.1 タウンニュースに記事が掲載されました

ファイル 3803-1.png
ファイル 3803-2.png
ファイル 3803-3.png

須坂市について

ファイル 3801-1.jpg
須坂市にはたくさんの果物畑があり、りんごやぶどうがあちらこちらに実っていました。
その他に、須坂市には動物園や温泉などがあるそうです。そういった施設やスーパーマーケット、コンビニなどの商業施設は、現在通常どおり営業しています。
須坂市のものを買う、旅行に行くなども、復興支援につながります。
また、現在三浦市社協(安心館)では、台風被害の義援金の募金箱を設置しております。ぜひご協力をお願いいたします。

ファイル 3801-2.jpg
災害ボランティアセンターの支援中、三浦市職員の梯さんが個人的にボランティアとして来られていました。私たち職員も励ましていただき、とても嬉しかったです。

ちなみに、この週末(11/2~4)は、災害ボランティアセンターが開く予定だそうです。
詳しくは 須坂市社協HP https://www.suzaka-shakyo.jp/ をご参照ください。

今回は、5日間の災害ボランティアセンターの活動支援という貴重な機会をいただき、ありがとうございました。
被災地の1日も早い復興をお祈り申し上げます。

須坂市災害ボランティアセンターの運営支援について

三浦市長の派遣要請を受け、台風19号により被災した「長野県須坂市」の災害ボランティアセンターの運営支援をおこないました。
三浦市職員3名と共に、5日間活動いたしました。

【概要】
場所:長野県須坂市(三浦市の姉妹都市)
期間:2019.10.18~10.25
派遣職員:2名
主な活動内容:サテライト運営(被災した地域付近に設けられたボランティアの拠点)、駐車場整理、避難所・災害ボランティアセンター等の運営支援など

○被災地の様子
ファイル 3797-1.jpg
ファイル 3797-2.jpg
ファイル 3797-3.jpg

○災害ボランティアセンター
公民館に付属する体育館に設置されていました。
ファイル 3797-5.jpg

○サテライト
災害ボランティアセンターから2kmほど離れています。
ここから3分ほど歩いた地域において、ボランティアが活動していました。
サテライトは、昔保育園だった建物ですが、同じく浸水し床板が凸凹になり、床の上下が泥まみれになっていました。
ファイル 3797-4.jpg

ページ移動