三浦市社会福祉協議会|総合福祉センター

就労支援センター どんまい

feature_off      feature2_off

就労移行支援事業


1 運営方針

1 利用者の人権と自己決定を尊重した支援をおこないます。

2 利用者の適性、個性を大切にし、生きがいを持って働くことができるように支援します。

3 企業が安心して障害者雇用を進められるよう、企業内での利用者支援、企業への雇用ノウハウの提供をおこないます。


2 事業目標

障害を持つ多くの方に「どんまい」の就労支援サービスを利用していただけるよう広報活動を積極的に展開し集客をおこないます。そして、そこから企業への安定した就職へとつなげていきます。また、利用開始から就職までの過程をスムーズに結びつけていくために利用者の持つ成長力を引き出すための支援を継続し、就職に向けた人材育成をおこなっていきます。

(1) 定員を安定的に確保するための営業力強化

学校、福祉事務所、ハローワークへの営業活動の実施

(2)全員就職を目標とした取り組みの強化

①ハローワーク、就労支援センターとの連携強化

②企業に対して「どんまい」の強みをアピールできるツールの作成

③ 利用者に対して求人情報の安定的な提供

(3)利用者の成長力を引き出す支援の実施

①利用者に対しては個別プログラムと全体プログラムを組み合わせることで、支援者からの押しつけではない、利用者が自らを変化させる力を自然に発揮できるような形をめざした取り組みをおこなっていきます。

②支援者に対しても、「できない」を「できる」に変化させるための方法を身につけることができるよう、知識、技術を得る機会づくりを積極的におこなっていきます。


3 利用定員

6名


4 利用(開所)日・利用(開所)時間

平日 9:00~17:00


5 事業内容

(1)就労体験機会の提供

(2)生産活動その他の活動の機会の提供

喫茶(コーヒー)及び売店(加工食品の販売。手づくり弁当、マグロの角煮等)の営業を通じて接客、マーケテイング(顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその商品を効果的に得られるようにする活動)の機会を提供します。また、地域の篤志家から無償で貸与を受けた「農地」において、無農薬野菜を栽培し、これを売店のブースで販売します。

(3)就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練等の提供する(パソコン教室・就労に関する学習会・ビジネスマナー教室)

(4)職場実習の実施、受入先の確保施設外就労の実施・職場実習先の開拓

(5)公共職業安定所での求職登録等、求職活動の支援(職業安定所への同行)

(6)適性や要望に応じた職場開拓

(7)職場定着を促進するための職業生活における相談等の支援の継続

(8)前各号に掲げるもののほか、利用者の状況に応じた適切な指導および訓練


6 職員体制・勤務体制等

管理者 1名(常勤兼務)

サービス管理責任者 1名(常勤)

就労支援員 1名(常勤兼務)

職業指導員 1名(常勤勤務)

生活支援員 1名(常勤兼務)

※ 利用者の増加が見込まれるため、恒常的に利用者が増えてきた場合は利用者数に合わせて非常勤職員を採用する。


7 職員研修、職員会議

(1)職員研修 毎月1回(アドバイザリースタッフを講師としたケースカンファレンスの実施)

(2)SST研修の実施(注1)=利用者の状況に応じてその都度実施。

(3)職員会議 毎月1回 第3火曜日

注1=“Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれている。小児の分野では「社会的スキル訓練」、教育の分野では「スキル教育」とも呼ばれる。SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる新しい支援方法で、対人関係を中心とする社会生活技能のほか、服薬自己管理・症状自己管理などの疾病の自己管理技能に関わる日常生活技能を高める方法が開発されている。近年わが国でもその効果が認められ、1994年4月「入院生活技能訓練療法」として診療報酬に組みこまれた。 現在では、医療機関や各種の社会復帰施設、作業所、矯正施設、学校、職場などさまざまな施設や場面で実践されている。家庭や職場訪問など地域生活の現場での支援もおこなわれている。精神障害を持つ人たちをはじめ社会生活の上で様々な困難を抱える多くの人々の自己対処能力を高め(エンパワメント)、自立を支援するために、この方法が広く活用されることが期待されている。


8 その他

第3者評価の実施

第3者評価を受けることで適正なサービス提供をおこなうことができるよう改善をおこなっていきます。


就労移行支援事業平面図(pdf)

喫茶「三遊間を抜けました」を営業しております。

「就労支援センターどんまい」では生産活動その他の活動の機会の提供の一環として、喫茶「三遊間を抜けました」を営業しておりますので是非ご利用ください。


      menu1

      menu2

就労移行支援事業の「どんまい農園」です。

就労支援センターどんまいが、就労移行支援事業の一環としておこなう農作業用の畑の整備が済みました!

名付けて「どんまい農園」。これから夏野菜を植えます!

      menu1

      menu1

三浦市社会福祉協議会が運営する就労支援センター「どんまい」では、就労継続支援B型事業と就労移行支援事業を実施していますが、この「どんまい農園」は、就労移行支援事業の一環として実施しています。この農園で栽培した野菜を同じく就労移行支援事業の一環として経営している喫茶「三遊間を抜けました」で販売しているのです。製造から販売といった一連の作業を通して職業スキルの向上をめざします。

担当者のご紹介

どんまい所長 山中 貴代
  • 所長 山中 貴代
  • 管理者・サービス管理責任者兼務
  •  「どんまい」の精神を忘れずに利用者の皆さんとがんばっていきたいと思います。
荒井 芳美
  • 荒井 芳美
  • 指導員
  •  みなさんといっしょになって頑張ります。
佐藤 志穂
  • 佐藤 志穂
  • 支援員
上村 秀暢
  • 上村 秀暢
  • 支援員

お問い合わせ

就労支援センターどんまい
  • 〒238-0102 三浦市南下浦町菊名1258-3
  • TEL/FAX 046-888-7655(直通)
Copyright(C) MiuraCity Council of Social welfare , All rights reserved.